【インプレ'05】木下隆之 マツダ『ロードスター』 3代変わっても初代の志は不変

試乗記 国産車

【インプレ'05】木下隆之 マツダ『ロードスター』 3代変わっても初代の志は不変
  • 【インプレ'05】木下隆之 マツダ『ロードスター』 3代変わっても初代の志は不変
目をつぶって走ったら、初代『ロードスター』と区別することはできないかもしれない。それほどロードスターは、新型になってもロードスター然としてありつづけている。

2リッターエンジン搭載の3ナンバーになって、動力性能も高まったり安全性も進化した。だが、軽量でありコンパクトなロードスターフィールは健在なのである。

目の玉を三角にしないで、穏やかな気持ちで走っているときは、とくにロードスターならではの爽快なフィールに浸れるだろう。ハードに攻め込むと、限界特性がやや神経質だ。ウエット路面ともなると、コントロール性は極端に悪化する。ってあたりも初代から続く悪癖のひとつだが、タラーと流しているかぎり、こいつは気持ちよく走るのである。

ロードスターはロードスター。新型になっても癖も魅力も満載である。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


木下隆之| モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。「ジェイズな奴ら」を上梓するなど、作家の肩書きも。
《木下隆之》

特集