三菱自動車の執行役員に通産OBの大道正夫氏が就任

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車は2日行われた取締役会で、通商産業省(現・経済産業省)OBの大道正夫氏を、8月15日付で執行役員(経営企画本部副部長)とする人事を決定した。

大道氏は昭和28年(1953)11月生まれの52歳。同51年通産省に入省、平成8年環境立地局リサイクル推進課長、同10年機械情報産業局自動車課長、同13年大臣官房参事官、同14年中部経済産業局長、同15年中小企業庁事業環境部長を経て、16年中小企業基盤整備機構理事に就任した。そして、この7月同機構を退任。

三菱自動車は、大道氏を起用する理由として、推進強化を図る省エネルギー・リサイクル・電気自動車・低公害車開発をはじめとした環境安全技術に係わる業務や社外関係先との連携を適切に業務執行するために適任と判断した、としている。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集