エンパイヤ自動車、国内でミシュランカーアクセサリーを販売

自動車 ビジネス 企業動向

ミシュランは、自動車部品・用品の総合商社であるエンパイヤ自動車を日本市場におけるミシュラン・ブランドのカーアクセサリーコレクションの輸入販売総代理店とする契約を締結したと発表した。第一弾として、8月1日からタイヤメンテナンスケミカル商品を発売した。

1日から発売する商品は、洗浄剤の「ホイール&タイヤクリーナー」、タイヤの保護・艶出し剤の「タイヤシャイン」、ホイールにブレーキダストが付着しにくくする保護剤「ブレーキダスト・リペレント」のタイヤメンテナンスケミカル商品3種類と、ホイールカバー。今後、芳香剤、エアゲージ、エアーコンプレッサー、フットポンプ、カーマットなどを順次発売する。これらの商品は、全国のカー用品店をはじめ、ホームセンターやミシュランタイヤ販売店など、エンパイヤ自動車の納入先で販売する予定。

これらのカーアクセサリーは、「ミシュラン・ライフスタイル」商品プログラムの一環として開発した。ミシュラン・ブランドのライセンス事業を運営しているミシュラン・ライフスタイル・リミテッドのクリス・ドーズマネージング・ディレクターは「このカーアクセサリーのシリーズは、素材からデザイン、仕上げまでミシュランらしさを表現するためにこだわりぬいた商品であり、目の肥えた日本の消費者にも満足していただけると自負している」としている。

また、エンパイヤ自動車の井出●(日偏に方)成社長は「欧米で既に実績のあるミシュラン商品が、厳しい目を持つ日本の消費者にも必ず受け入れられると信じている」としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集