【インプレ'05】こもだきよし レクサス『IS』セダンパッケージングを意識させる出来

試乗記 国産車

【インプレ'05】こもだきよし レクサス『IS』セダンパッケージングを意識させる出来
  • 【インプレ'05】こもだきよし レクサス『IS』セダンパッケージングを意識させる出来
シートに腰掛け、自分のドライビングポジションに合うようにシートを調整していると、なかなかうまく決まった位置に収まらない。

あまり厚みのないグリーンハウス(窓部分)の影響で、アイポイントをちょうどよくするとルーフに近くなり、もともとの車室内の高さでアイポイントを決めると低くて前が見にくくなってしまう。せっかくシートの調整範囲が広くハイトコントロールまで付いているのに合わせられないのだ。これはボクの座高が高いせいだけではないと思っている。

最近はミニバンやSUVが普及しているために高いルーフや広い視界は当たり前になっている。その中でセダンの弱点が前面に出てしまったような感じだ。

V6エンジンのトルク感がスゴい。3.5リッターの最大トルクは380Nmもある。最大トルクは4800rpmで発生するのだが、2000rpmからその90%のトルクを引き出せる。2.5リッターでもフラットトルクでありながら260Nmもある。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆

こもだきよし| モータージャーナリスト
クルマ好きというより運転が好きなモータージャーナリスト。日本自動車ジャーナリスト協会副会長、BMWドライバー・トレーニングのチーフインストラクター、JAF交通安全委員会委員、警察庁各種懇談会委員などを務める。
《こもだきよし》

特集