【新聞ウォッチ】ホンダ、初の“日の丸ジェット”本格参入

モータースポーツ/エンタメ 出版物
【新聞ウォッチ】ホンダ、初の“日の丸ジェット”本格参入
  • 【新聞ウォッチ】ホンダ、初の“日の丸ジェット”本格参入
  • 【新聞ウォッチ】ホンダ、初の“日の丸ジェット”本格参入
  • 【新聞ウォッチ】ホンダ、初の“日の丸ジェット”本格参入
朝刊から気になるニュース、気になる自動車関連記事をピックアップ、その内幕を分析するマスコミクルージング(原則として朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版を対象にチェック)。

2006年7月26日付

●アマゾンもネット商店街、年内にも、楽天、ヤフーを追撃(読売・1面)

●NHK理事にトヨタ専務、金田氏 民間企業から36年ぶり(読売・2面)

●日産、経常利益25%減 4-6月期連続売上高3%増、世界販売6%減(朝日・11面)

●民間小型ジェット機市場、国産初ホンダ参入(産経・1面)

●3社提携絡む思惑(中)、日産の拡大志向欠かせぬ足元固め(日経・13面)

●日野自、経常益34%増4-6月期(日経・17面)


ひとくちコメント

ホンダが小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の量産と販売を開始するという。米国に飛行機の機体を生産する新会社を設立、今年秋から受注を始め、2010年をメドに第1号機の引き渡しを目指す方針だ。米国内で発表したのを受けて、きょうの各紙が取り上げている。

中でも、産経は1面に試作機のカラー写真付きで大きく掲載、「エンジンも自社開発しており、戦後、国家プロジェクト以外では初めての“日の丸ジェット”となる」と紹介。さらに、経済面では「宗一郎の夢実現」というタイトルで、「創業者の本田宗一郎氏が昭和37年に航空機事業への参入を宣言して以来、44年がかりで悲願を達成したことになる」と解説している。

最近はほころびも見え始めているホンダイズムだが、“日の丸ジェット”はホンダの技術力を世界にアピールする好材料となるだろう。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集