【速報 ホンダ ストリーム】プロトタイプ、見た、乗った、走った

自動車 ニューモデル 新型車
【速報 ホンダ ストリーム】プロトタイプ、見た、乗った、走った
  • 【速報 ホンダ ストリーム】プロトタイプ、見た、乗った、走った
  • 【速報 ホンダ ストリーム】プロトタイプ、見た、乗った、走った
  • 【速報 ホンダ ストリーム】プロトタイプ、見た、乗った、走った
  • 【速報 ホンダ ストリーム】プロトタイプ、見た、乗った、走った
  • 【速報 ホンダ ストリーム】プロトタイプ、見た、乗った、走った
  • 【速報 ホンダ ストリーム】プロトタイプ、見た、乗った、走った
  • 【速報 ホンダ ストリーム】プロトタイプ、見た、乗った、走った
7人乗りコンパクト・スポーツ・ミニバンの先駆車であるホンダ『ストリーム』が7月半ばにモデルチェンジを敢行する。2代目は1.8リッターと2リッターモデルでシリーズを構成するようだ。

注目のモデルは、モア・スポーティを掲げて登場した「RSZ」。ホンダ4輪の開発拠点である、北海道・鷹栖プルービンググラウンドで最終プロトタイプに試乗する機会に恵まれた。

最初に試乗したのは、フラッグシップモデルと目される2リッター・RSZである。新開発のR20A型直4 i-VTEC(SOHC)エンジンは150ps/19.4kgm(110kW/190Nm)のスペックだ。このエンジンは軽快かつ、気持ちいい出力特性が感じられた。7スピードモード付きCVT(FFモデル)との相性がよく、実用域のトルクも豊かだ。切れ目のない滑らかな加速を披露してくれる。

1.8リッターのi-VTECエンジンは、主にベースグレードに搭載予定のユニットで、『シビック』譲りの素性のよさが感じられた。こちらは5速ATとの組み合わせだが、レスポンスは鋭く、高回転のパンチ力もある。100km/h走行時は2リッター、1.8リッターともにエンジン回転数は2000rpmほど。高速走行時の静粛性は高く、ロングツーリングもじゅうぶんこなせる快適性の高さだ。

RSZには、Sレンジでのマニュアル変速に加え、Dレンジモードにもワンアクションで変速できる機構を採用している。ハンドルに手を添えたままパドルで変速でき、しばらくするとDレンジに自動復帰する。

フットワークはミニバンとは思えない、軽快かつ優れた接地フィールだ。スタビリティは群を抜いて高く、狙ったラインに難なく乗せることができる。剛性は2ランクほど高められ、懐の深いコーナリングを見せつけた。しかも17インチタイヤを履くRSZでも乗り心地がいい。第2世代のストリームは、ドライビングの楽しみと同乗者への優しさを両立させたところがキーワードだといえそうだ。
《片岡英明》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダ MPV 新型発表】サードシートは格納方法が変わった 画像 【マツダ MPV 新型発表】サードシートは格納方法が変わった
  • トヨタ ウィッシュ をマイナーチェンジ 画像 トヨタ ウィッシュ をマイナーチェンジ
  • 05年排ガス・燃費目標達成---ホンダが環境報告書 画像 05年排ガス・燃費目標達成---ホンダが環境報告書
  • 【ロンドンモーターショー06】シビック 3ドア新型、イギリス製で登場 画像 【ロンドンモーターショー06】シビック 3ドア新型、イギリス製で登場

特集