【ジャガー XK 新型日本発表】ブランドフィロソフィはBeautiful Fast Car

自動車 ニューモデル 新型車

【ジャガー XK 新型日本発表】ブランドフィロソフィはBeautiful Fast Car
  • 【ジャガー XK 新型日本発表】ブランドフィロソフィはBeautiful Fast Car
  • 【ジャガー XK 新型日本発表】ブランドフィロソフィはBeautiful Fast Car
  • 【ジャガー XK 新型日本発表】ブランドフィロソフィはBeautiful Fast Car
  • 【ジャガー XK 新型日本発表】ブランドフィロソフィはBeautiful Fast Car
  • 【ジャガー XK 新型日本発表】ブランドフィロソフィはBeautiful Fast Car
  • 【ジャガー XK 新型日本発表】ブランドフィロソフィはBeautiful Fast Car
ジャガー&ランドローバージャパン は31日、ジャガーの『XK』シリーズを10年ぶりにフルモデルチェンジして日本発表、新型「XKクーペ」、「XKコンバーチブル」を7月1日より販売開始する。

新型XKは、歴代XKスポーツカーのデザインアーキテクチャーを取り入れ、「Beautiful Fast Cars(美しく、速い、クルマ)」 というジャガーブランドのフィロソフィを最大化したモデル。

ボディーは、クラス最軽量のアルミニウムモノコックボディで、ボディパネル数および接合箇所の低減により、先代モデルに比べクーペで31%、コンバーチブルで48%のねじり剛性向上をはかり、クラス最高水準のボディ剛性を実現した。

エンジンは、304馬力の4.2リットルV8エンジンを搭載、トランスミッションはパドルシフト付き、ZF製6速オートマチックトランスミッションを採用、特長としては、ダウンシフト時に自動ブリッピング機構を備え、ドライブバイワイヤー・エンジンマネージメントシステムとの連携により、スムースでスポーティーなドライビングをサポートしているという。

また、歩行者保護のため、歩行者との衝突時にエンジンフード後端が瞬時に上方へ跳ね上がり、固いエンジン機器との間に空間を作り出す「デプロイアブル・ボンネット・システム」を採用している。

インテリアはモダンでラグジュアリーなデザインとし、インパネには伝統的な「バーウオールナットウッド」、コンテンポラリーの「ポプラウッド」、スポーティの「アルミ」の3種類のパネルが用意される、シートは、スポーツレザーシートと通気孔加工が施されたパーフォレーテッド・ソフトグレインレザーが設定される。

価格はクーペが1130万円、コンバーチブルが1230万円、いずれのモデルも右、左ハンドルが選択可能。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集