ブリヂストン、ジャワ島地震で義援金2000万円を寄付

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンは、インドネシア・ジャワ島中部地震による被災者に対するお見舞いと復旧支援のために、義援金として2000万円を寄付すると発表した。

同社は、1973年にインドネシアのブカシ工場でタイヤの生産を開始し、現在ではカラワン工場を加えた2工場を操業している。また、カリマンタンとスマトラにゴム農園を所有しており、当該地域との結びつきが深いことから、今回の寄付を決定した。

2000万円の義援金は日本赤十字社を通して寄付する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集