【スバル レガシィ 改良新型】どの席でも快適で楽しい空間

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル レガシィ 改良新型】どの席でも快適で楽しい空間
  • 【スバル レガシィ 改良新型】どの席でも快適で楽しい空間
  • 【スバル レガシィ 改良新型】どの席でも快適で楽しい空間
  • 【スバル レガシィ 改良新型】どの席でも快適で楽しい空間
  • 【スバル レガシィ 改良新型】どの席でも快適で楽しい空間
  • 【スバル レガシィ 改良新型】どの席でも快適で楽しい空間
NEWスバル『レガシィ』(24日発表)はオプションの本革シート車にメモリー機能を追加したり、「3.0R」には後席オーディオコントロールやリーディングランプをオプションで設定するなど、今までの国産ミドルクラスでは少なかった、上級装備も数多く用意するように変わっている。

レガシィの開発責任者を務めた増田年男さんは「今までのレガシィはドライバーが運転して楽しいというイメージが強かったですが、NEWレガシィでは、どの席に座っている人にも快適で楽しい空間を提供するために、様々な装備を導入いたしました。これにより、欧州プレミアムカーに匹敵する、充実した装備内容になったと思っています」とコメント。

マイナーチェンジのタイミングで、これらの新装備を多数導入するあたりに、スバルの今回のマイナーチェンジに対する強い意気込みが感じられる。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集