【スバル レガシィ 改良新型】史上最大のマイナーチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル レガシィ 改良新型】史上最大のマイナーチェンジ
  • 【スバル レガシィ 改良新型】史上最大のマイナーチェンジ
  • 【スバル レガシィ 改良新型】史上最大のマイナーチェンジ
  • 【スバル レガシィ 改良新型】史上最大のマイナーチェンジ
  • 【スバル レガシィ 改良新型】史上最大のマイナーチェンジ
  • 【スバル レガシィ 改良新型】史上最大のマイナーチェンジ
24日、スバルの主力モデルとなる『レガシィ』がマイナーチェンジを実施した。レガシィはマイナーチェンジにより、クルマのポテンシャルが大きく進化することで定評のあるモデルだが、今回は歴代モデルのマイナーチェンジを上回る、大幅な内外装の変更や走行性能の向上が図られているようだ。

レガシィの開発責任者を務めた増田年男さんは「今回のマイナーチェンジでは、レガシィの新しい世界観や価値観を提案するために、内外装からエンジン、ボディにまで大幅な改良を加えております」とコメント。

「さらに2.0リットルターボ車と3.0リットルの6気筒車には、3つの異なる走行性能を楽しむことができる『SI-DRIVE』(エス・アイ・ドライブ=SUBARU Intelligent Drive)を標準装備しました。これらの改良により、走行性能や質感を高めながら、実用燃費や環境性能を向上することに成功しています。これは今までの歴代モデルを超える、ビッグマイナーチェンジだと思います」

実際に歴代モデルのマイナーチェンジは、乗ってみると走行性能が高まっていることは実感できるものの、エクステリアの変更点が少なかったり、全く新しい新機能が加わることはなかった。したがって今までは、マイナーチェンジの時に、目で見て分かるアピールポイントは少なかった。

だが、今回のマイナーチェンジは走行性能の向上はもちろん、エクステリアにも大幅に手が入り、高性能モデルにはSI-DRIVEが追加されているので、アピールポイントはかつてないほどに多い。間違いなく、レガシィ史上最大のマイナーチェンジといえるだろう。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集