原材料メーカーもなお一層の合理化努力を…自工会の張新会長

自動車 ビジネス 企業動向

自動車工業会の張富士夫新会長は18日の記者会見で、原材料の高騰について「確かに頭の痛い問題」と語り、次のように付け加えた。

「自動車は事情に競争が激しいということもあって、値段は市場から決まってくる。原材料が上がったから、クルマの値段を高くして売るわけにはいかない。これまでの歴史を見ても、自社の中で合理化努力をして、原材料の高騰分を吸収してやってきた」

それだけに、原材料が上がったからといって、それを100%受け入れるわけにはいかない。「これからもそういう努力が一番大事であると思っている。原材料メーカーに対しても、そのようなことをお願いしたい」と張新会長は、このところの原材料メーカーの値上げ表明に釘を刺した。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集