米シートベルト着用の実態

エコカー 燃費

交通事故による死亡の多くがシートベルトの不着用によって起こっていることから、NHTSAは現在シートベルト着用の一大キャンペーンを行っている。そこで、「シートベルトを着用しない人々」の実態が明らかにされた。

それによると、常にシートベルトを着用せずに運転するドライバーは全米でおよそ4800万人。そして予想された結果ではあるが、そのほとんどは「郊外に住む、ピックアップトラックを運転する若い世代」なのだという。

アメリカで「郊外」、すなわち大都市部から離れた地域に住む人々は人口の21%だが、2004年の数字では交通事故死亡者の58%が「郊外」在住者で占められている。また、ピックアップトラックの事故による死亡者のうち、男性が占める割合は83%。そしてそのほとんどが18歳から39歳だという。

ただしピックアップを運転する人のシートベルト着用率は、1998年には59%だったが2004年には70%にまで上昇している。それでも普通乗用車の着用率81%にはまだまだ及ばない。SUV、ミニバンなどは逆に着用率83%と乗用車を上回る。

NHTSAでは、「シートベルト着用が生死を分ける鍵となる」と、数百万ドルをかけたキャンペーンを今後夏のバケーションシーズンに向けて行う予定だと言う。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集