【株価】トヨタ、新興国向け低価格車報道でも続落

自動車 ビジネス 株価

円高に対する警戒感が強まり、全体相場は4日ぶりに反落。輸出関連株に売り物が出て、自動車株は全面安となった。

円相場が一時1ドル=110円台まで上昇。大手3社がそろって下落した。ホンダが前日比10円安の8240円と続落し、日産自動車が8円安の1518円と3日ぶりに反落。トヨタ自動車は「2010年前後に80万円を切る新興国専用車をインドで発売する」と大手経済紙で報じられたが、30円安の6730円と続落した。

全面安の中、マツダが5円高の780円と続伸し、ダイハツ工業も2円高の1226円と小反発。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集