盗品をネットオークションに出品した車上荒らし犯

自動車 テクノロジー ネット

京都府警は4月26日、車上荒らしを行って盗んできたカーオディオ類をインターネットオークションで転売したとして、23歳の男2人を窃盗容疑で逮捕した。2人は容疑を認めており、警察では余罪を含めて追及している。

京都府警・伏見署によると、逮捕された男2人は2005年11月下旬ごろ、京都市伏見区桃山町付近にある駐車場に侵入。33歳の男性が所有する乗用車からオーディオ類などを盗んだ疑いがもたれている。

被害を受けた男性はインターネットオークションなどをチェック。盗まれたものと同型のスピーカーが出品されていることを発見。依頼を受けた友人が代理で落札し、製造番号などから盗まれたものと同一であることを確認。連絡を受けた警察が出品していた男から任意で事情を聞いた結果、盗品を転売していたことが明らかになった。

逮捕された2人は調べに対し、「2004年ごろから同様の犯行を繰り返し、これまでに50点近くを転売した」と供述しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集