【横浜ゴム DNA map ES340】磨耗寿命をアップしたミニバン用タイヤ

自動車 ニューモデル 新型車
【横浜ゴム DNA map ES340】磨耗寿命をアップしたミニバン用タイヤ
  • 【横浜ゴム DNA map ES340】磨耗寿命をアップしたミニバン用タイヤ
  • 【横浜ゴム DNA map ES340】磨耗寿命をアップしたミニバン用タイヤ
  • 【横浜ゴム DNA map ES340】磨耗寿命をアップしたミニバン用タイヤ
横浜ゴムから新しいミニバン、ワゴン専用タイヤの『DNA map ES340』がリリース(2月1日)された。DNA map ES340は、従来まで販売されてきたミニバンタイヤの『DNA map-RV』の後継モデルだ。だが、外から見えるトレッドパターンはDNA map-RVを踏襲している。その理由はどこにあるのだろうか。

横浜ゴムPC設計部の渡部弘二さんは「DNA map ES340のトレッドパターンは従来品と同じタイプを採用していますが、それは従来品のパターンでも静粛性や運動性能を確保できると考えているからです。その上で、タイヤのトレッドコンパウンドとなるナノパワーゴムの改良を行ない、さらなるロングライフ化やウエット性能の向上を追求しました」とコメント。

「その結果、磨耗と燃費を悪化させるポリマー分子の発熱を抑えながらも、ゴムのしなやかさを出すことに成功しました。磨耗寿命は従来品に比べ10%もアップし、ウエットグリップも7%向上させています。装着していただければ、その違いはすぐに理解していただけると思います。また、サイズも23サイズに増やし、軽自動車からアルファードクラスまでターゲットを拡大していますので、豊富な車種にご使用いただけると思います」

新しいタイヤが発売されると、まず真っ先に目が行くのはトレッドパターンだ。それを変更せずに、新製品を投入する例は少ない。従来品のDNA map-RVは、ミニバン専用タイヤでありながらも左右非対称パターンを採用し、静粛性と偏磨耗の抑制に成功していた。

よって今回は定評のあるトレッドパターンを変えずに、コンパウンドや内部構造の変更に力を入れることで性能の向上を図っているようだ。見た目のデザインだけを重視せずに、目に見えないところで、これだけの性能アップを図っている点はさすがだ。(つづく)
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

  • 横浜ゴム、ミニバン ワゴン専用タイヤを発表 画像 横浜ゴム、ミニバン ワゴン専用タイヤを発表
  • 横浜ゴム、タイヤ空気圧モニタリングシステムのオフィシャルサイトを開設 画像 横浜ゴム、タイヤ空気圧モニタリングシステムのオフィシャルサイトを開設
  • 横浜ゴム、2006年モータースポーツ活動を発表 画像 横浜ゴム、2006年モータースポーツ活動を発表
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース