日野、小型路線バスの新型 ポンチョ を発売

自動車 ニューモデル 新型車
日野自動車は22日、小型路線バスの新型『ポンチョ』を発売したと発表した。低床化とタイヤを四隅に配置する新設計により、同クラスでは最大となる、フラットフロアスペースを確保した。

全長7m、全幅2mクラスの国産小型路線バスとしては最大となる、客室スペースの80%以上をフラットフロア化した。また、同クラスで初めて、平成17年新長期排出ガス規制に適合させた。

新型車は、ユニバーサルデザインの考え方を取り入れ、低く広い乗降口を採用したほか、ニーリング(車高調整)機能も装備した。環境性能は、同社独自のクリーンディーゼルシステム「DPR」を採用し、高い排ガス浄化性能を確保した。

メーカー希望小売価格は、36人乗りのロングタイプが1541万4000円、25人乗りが1524万6000円。国内で年間260台の販売を計画している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 生酒を新鮮なまま消費者に---流通管理システム実験 画像 生酒を新鮮なまま消費者に---流通管理システム実験
  • 中部国際空港周辺を燃料電池バスが走る 画像 中部国際空港周辺を燃料電池バスが走る
  • 日産ディーゼル仲村社長「日産関係のビジネスは全体の18%」 画像 日産ディーゼル仲村社長「日産関係のビジネスは全体の18%」
  • 日産、日産ディーゼル株をボルボに売却 画像 日産、日産ディーゼル株をボルボに売却

特集