新型 プント に金メダル、トリノ フィーバー!

自動車 ビジネス 企業動向

新型 プント に金メダル、トリノ フィーバー!
  • 新型 プント に金メダル、トリノ フィーバー!
  • 新型 プント に金メダル、トリノ フィーバー!
  • 新型 プント に金メダル、トリノ フィーバー!
1月のEU域内における乗用車登録台数で、新型フィアット『プント』(通称『グランデプント』)が1位になった。イタリアの単一車種が、欧州でナンバーワンになるのは、約10年ぶりの快挙である。

オリンピック開催中、思いがけずトリノに飛び込んだグッドニュースに、ルカ・ディ・モンテゼーモロ会長は、「プントはオリンピックと同じ。情熱と決断力、優れた素質と能力による勝利だ」とコメントした。

さらに、「ライバルたちがひしめく中で、表彰台に上った。これはフィアットにだけでなく、イタリア全体に贈られた金メダルである」と、興奮を隠さない。

なお、昨年9月(トリノ五輪のフィギュアスケート会場である)パラべーラでの発表会以来、新型プントは、すでに14万5000台の受注を獲得したという。

フィアット・ブランド全体では7万8000台の登録を記録。前年同月比26.2%の大きな伸びとなった。

ランチア、アルファロメオを合わせたフィアット・グループ全体では10万台を超え、前年同月比17.9%増を記録した。シェアも1.1%増の8.4%を確保した。イタリア国外での伸びも好調で、フランスで9.7%、スペインで30.7%、ドイツでは67%の登録台数増となった。

1月初めまで雪不足で「どうなるんだ?」といわれていたところに大雪が降り、数年前まで「創業家のアニェッリ家が、いつ持ち株を売却するか?」とまで言われていたフィアットオートが活況を呈してきた。トリノの奇跡が、次々と起きている。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

特集