【日産 ブルーバード シルフィ 新型発表】モダンリビング第3弾

新型日産『ブルーバードシルフィ』は、『ティアナ』以降続くコンセプト、モダンリビングの第3弾となる。これまでの「モダン」、「リラックス」に加え、「エレガント」を加えたものだ。

自動車 ニューモデル 新型車
【日産 ブルーバード シルフィ 新型発表】モダンリビング第3弾
  • 【日産 ブルーバード シルフィ 新型発表】モダンリビング第3弾
  • 【日産 ブルーバード シルフィ 新型発表】モダンリビング第3弾
新型日産『ブルーバードシルフィ』は、『ティアナ』以降続くコンセプト、モダンリビングの第3弾となる。これまでの「モダン」、「リラックス」に加え、「エレガント」を加えたものだ。

「中(インテリア)から外にアピールするデザイン」と、中村史郎デザイン本部長が表現するように、今回の目玉もインテリアとなる。

中でも、リアシートに採用された「シェルシェイプシート」は、大胆にラウンドした面構成や、一体感のある座面とシートバックをもち、あたかも2枚貝が開いているようなデザインには驚きを感じるはずだ。

チーフデザイナーの中島敬氏は「現行トヨタ『セルシオ』よりも広いニールームをいかに生かすか考えた結果生まれたのが、シェルシェイプシートです。見た目もさることながら、乗員をやさしく包み込む感触や、シルフィ専用のシート地であるパールスエードなど、エレガントな雰囲気を感じて戴けると思います」と語る。

『ティアナ』、『ティーダ』など、モダンリビングコンセプトは、日産のブランドイメージを大いに引き上げることに成功した。果たしてブルーバード・シルフィの結果はいかに!?
《》

編集部おすすめのニュース

特集