【トヨタ ラクティス詳報】魅力的な1.5リットル

自動車 ニューモデル 新型車
【トヨタ ラクティス詳報】魅力的な1.5リットル
  • 【トヨタ ラクティス詳報】魅力的な1.5リットル
  • 【トヨタ ラクティス詳報】魅力的な1.5リットル
  • 【トヨタ ラクティス詳報】魅力的な1.5リットル
  • 【トヨタ ラクティス詳報】魅力的な1.5リットル
  • 【トヨタ ラクティス詳報】魅力的な1.5リットル
『ラクティス』には1.3リッターと1.5リッターエンジンが用意されている。両方のエンジンともにミッションはCVT(4WDは4AT)だが、1.5リッター車にはアクティブCVTと呼ばれるCVTのマニュアルモードが装備されている。

アクティブCVTには7速のシーケンシャルシフトマチックが装備され、レクサス『IS』のような大きなシフトパドルが用意されている。さらにインパネにはSPORTモードスイッチが用意され、SPORTモードをチョイスすれば、CVTがエンジンの高回転域を多用するような制御に切り替わり、動力性能をフルに引き出せるようになる。

実際に乗り比べた印象も、かなり差があった。7速のシーケンシャルシフトマチックはシフトレスポンスに優れ、エンジンブレーキを使いたいときや、スポーティに走りたいときには便利。パドルシフトも、パドルのサイズが大きく使いやすい。SPORTモードスイッチを押せば、さらに高回転をキープしながら、小気味よい走りを楽しむことができる。

1.5リッターの最高出力は110psとパワフルな数値ではないが、予想以上にキビキビと走ってくれた。そのうえ、高速道路を長時間走るときに便利なクルーズコントロールも、このクラスの国産車としては珍しく標準装備されている。

対する1.3リッターは、標準的なシフトモードしかなく、最高出力も87psとだいぶ低くなる。遮音材なども簡略化されているようで、エンジンの透過音なども大きくなっている。日常的に街なかを走るだけなら1.3リッターで問題ないが、週末に遠出をするような人なら、1.5リッターを選びたい。

ラクティスのチーフエンジニア多田哲哉さんは「デビュー当初は1.5リッターのほうが売れると思いますが、最終的には50%づつぐらいになるでしょう。ですが、装備的に見ても1.5リッターのほうがお買い得なので、ぜひ1.5リッターを選んでいただきたいと思います」とコメント。

確かにラクティスの走りを思う存分に楽しみたければ、多田チーフエンジニアのコメント通りの選択が賢い選択だ。買うときには価格差はあるが、ランニングコストなどは1.3リットルも1.5リットルも大きな違いはないと思われるからだ。(つづく)
《岡島裕二》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース