いすゞ「みまもりくん」、全メーカーに適用拡大

自動車 テクノロジー ITS

いすゞ「みまもりくん」、全メーカーに適用拡大
  • いすゞ「みまもりくん」、全メーカーに適用拡大
  • いすゞ「みまもりくん」、全メーカーに適用拡大
いすゞ自動車は8日から「みまもりくんオンラインサービス」の適用範囲を国内全メーカーの商用車に拡大した。

「みまもりくん」は商用車用テレマティクスで、パケット通信網とインターネットを活用し、車両からの運行データを「みまもりセンター」に収集、解析し、リアルタイムに車両の運行情報(燃費、CO2、NOx、PMの排出量、位置情報、ドライバーの運転操作情報など)を提供するシステム。

2004年2月にいすゞの大型トラック『ギガ』を対象にサービスを開始し、今年2月には中型トラック『フォワード』、小型トラック『エルフ』まで適用範囲を拡大してきた。それを今回、あたらに開発した「みまもりコンバーター」によって、国内全メーカーの商用車に導入が可能になったのだ。

開発責任者である同社ソフトビジネス推進部の小美濃洋部長によれば、「このシステムをうまく活用してもらえれば、15−20%燃費が向上します」とのことで、運送会社の間で話題になっているそうだ。

もちろん、売れ行きも好調で、「供給が需要に追いつかない状況」と小美濃部長はうれしい悲鳴をあげている。

また、この「みまもりくん」は第2回エコプラダクツ大賞のエコサービス部門で国土交通大臣賞を受賞し、15日から開催される「エコプロダクツ2005」で表彰されることになっている。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集