愛三工業、ロシアの部品メーカー2社に技術供与

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車系で電子制御燃料噴射装置などを主力とする愛三工業は29日、ロシアの自動車部品メーカー2社と、自動車用燃料ポンプの技術援助で合意したと発表した。

愛三工業が技術支援するのはDSK社(トリヤッチ市)とモトリカ社(メレケスキー地区)。チェコの生産拠点からポンプ用部品を供給するほか生産設備や品質検査技術を提供する。

同社は2社への技術援助を通じて、自動車産業の発展が見こまれるロシアでの事業基盤強化につなげる。2社は愛三の技術支援により生産する燃料ポンプをロシア最大の自動車メーカー、アフトバズ社などに供給する。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集