【デイムラー 日本発表】国産車ユーザーが羨ましがる装備

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【デイムラー 日本発表】国産車ユーザーが羨ましがる装備
  • 【デイムラー 日本発表】国産車ユーザーが羨ましがる装備
  • 【デイムラー 日本発表】国産車ユーザーが羨ましがる装備
  • 【デイムラー 日本発表】国産車ユーザーが羨ましがる装備
22日に日本市場で発表発売された『デイムラー』のフロントシートヘッドレスト裏側には、6.5インチモニターが装着されている。リヤシートに座る人が移動中にDVDなどを見るためのアイテムだ。

ボルボ『S80』などにも採用されているこのモニターだが、実は、カスタマイズ派のオーディオマニアにとっては羨ましい装備。なぜなら、合法的には後付け装着できないアイテムだからだ。

街のオーディオショップでデイムラー同様にヘッドレストにモニターを埋め込み装着することも物理的には可能だが、衝突時の安全確保基準により車両法の適合がNG……、つまり装着すると車検をパスできない車輌になってしまう。たとえメーカー工場で装着する新車標準装備としても、国産車は基本的には装着することができないといわれている。だから、国産車で見かけることのない装備なのだ。

しかし、海外の自動車メーカーが工場で装着している場合は、「装着状態」で型式認証をとっているので特例的に合法となっているとのこと。国産車ユーザーにとっては、なんとも羨ましい話である。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集