ジャガー XJ と デイムラー、エクステリアなどを一新

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガー XJ と デイムラー、エクステリアなどを一新
  • ジャガー XJ と デイムラー、エクステリアなどを一新
  • ジャガー XJ と デイムラー、エクステリアなどを一新
  • ジャガー XJ と デイムラー、エクステリアなどを一新
  • ジャガー XJ と デイムラー、エクステリアなどを一新
  • ジャガー XJ と デイムラー、エクステリアなどを一新
  • ジャガー XJ と デイムラー、エクステリアなどを一新
  • ジャガー XJ と デイムラー、エクステリアなどを一新
ジャガー&ランドローバージャパンは、最新バージョンのジャガー『XJ』と『デイムラー』を8月29日から発売する。

ニューデザインとなった、XJシリーズとデイムラーは、「ニュー・ファッションド・ラグジュアリー・ブランド」戦略に基づいて、コンテンポラリーでスポーティな印象を高めたデザインを施した。特にフロント/リアバンパー、サイドシルのデザインを変更し、新たにサイドパワーベント、ルーフアンテナ(GPS)などを装着した。

インテリアも従来の上質な居住空間に加え、コンフォート&サポートを向上した新デザインのフロントシートを採用した。新デザインのフロントシートは、リアシートバックの形状も変更し、リアレッグルームの拡大にも寄与し、むち打ち緩和機構(WRS)も改良した。

また、シートクーラー(ベンチレーションシート)を設定した。

今回のデザイン/仕様変更は、2003年5月にXJを発売してから初の大幅な改良で、プレミアムラグジュアリーサルーンでのジャガーフラッグシップモデルとしてのポジションを強化するとしている。

モデルラインナップは従来と同一のジャガー5モデル、デイムラー1モデルで、ニューデザインを採用し、装備を充実しながら販売価格は据え置いた。

ニューXJとデイムラーは、軽量で高剛性な先進のアルミモノコックボディ構造を基本に、電子制御によるエアサスペンションCATSアダプティブダンピングなどを組み合わせ、高いハンドリング性能としなやかなライドフィールを高次元で実現したとしている。ボディはSWB(スタンダードホイールベース)とLWB(ロングホイールベース)を設定する。

パワーユニットは243PSの3.0リットルV6、、304PSの4.2リットルV8、406PSの4.2リットルV8スーパーチャージドの3タイプを設定し、6速オートマチック・トランスミッションとの組み合わせる。軽量なアルミモノコックボディに搭載することで、エンジンパワーを最大限に生かしたパフォーマンスを発揮しながら、燃費の向上にも寄与するとしている。

価格はXJ 4.2エクスクルーシブが895万円、デイムラーが1680万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集