豊田合成がストックオプションの発行を決議

自動車 ビジネス 企業動向

豊田合成は、19日開催の取締役会で、ストックオプションとしてのとしての新株予約権の発行を決議したと発表した。

ストックオプションとして、同社の普通株式35万9000株を8月1日に無償で発行する。

ストックオプションの行使期間は、2007年9月1日から2011年6月30日まで。

ストックオプションの割当は、同社の取締役23人に1610個(1個につき1000株)、従業員81人に1620個、子会社の取締役18人に360個を割り当てる。割当のストックオプションの上限は100個、下限が20個。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集