【インプレ'05】下野康史 スバル『R1』 フツーの軽より小さい軽を出した心意気は感じるが…

試乗記 国産車

【インプレ'05】下野康史 スバル『R1』 フツーの軽より小さい軽を出した心意気は感じるが…
  • 【インプレ'05】下野康史 スバル『R1』 フツーの軽より小さい軽を出した心意気は感じるが…
『R1』も『R2』もカッコがキモイと思う。だって、いまどきアールデコなんだもん。「小さな高級車」をやろうと思ったのだろうが、軽なんだから、高級である必要なんかないだろう。とはいえ、カッコは個人のスキズキである。

枠内最大があたりまえの軽にあって、スバルが初めて「軽より小さい軽」を出した意義は大きい。プラス5万円で手に入るアルカンタラ+レザーの内装も、たしかに軽とは思えぬ高級感だ。

けれども、走り出すと、やっぱり安いエンジン音や、フロアに伝わるバイブレーションなどがいかにも軽。見た目や感触を高級に振ると、もっぱらこういう機械の取り残され感が気になってしまう。柄に合わないことはやらないほうがいいんじゃないと思ってしまうわけである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


下野康史| モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。
《下野康史》

特集