国土交通省、アジア諸国向けに基準・認証セミナー

自動車 社会 社会

国土交通省は、国際協力の一環として、19日から29日まで、自動車基準認証国際化研究センター(JASIC)を実施主体として、自動車基準・認証制度国際調和導入協力セミナーを開催すると発表した。

セミナーは、自動車の基準・認証制度を担当するアジア各国の政府職員を招聘し、国際調和に向けた自動車の環境・安全基準と認証の相互承認についての講義を行うことで、自動車基準・認証制度の充実のために必要となる人材の育成を行うとともに、各国における環境保全・交通安全を促進するのが目的。

2005年度は、モータリゼーションの発展が著しい中国、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム、サウジアラビアの7カ国から9人を招聘し、国土交通省及びJASICよる自動車基準・認証制度の講義を行うほか、自動車試験場、自動車メーカー工場などの見学を行う予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集