【ワイヤレスジャパン2005】モバイルキャストのパーソナルテレマティクス

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

モバイルキャストは、従来のカーナビ依存型のテレマティクスサービスとは違った「パーソナルテレマティクス」を推進すべく、「MPX」シリーズ、「MC4100」シリーズを「Wireless Japan2005」に出展した。

モバイルキャストは、テレマティクス ソリューション カンパニーとして移動情報空間における通信サービスのあり方、ドライバーや同乗者にとって“Human Machine Interface”をテーマにパーソナルテレマティクスを推進しようとしている。テレマティクスサービスの新たな領域ともいえるだろう。

今回参考出品となった車載端末MC4100シリーズは、携帯電話やデジタルオーディオプレーヤーをバックなどに入れても、Bluetoothアダプターのワイヤレス接続によって、自動的にハンズフリー通話やデータ通信、オーディオ再生が可能となる情報端末だ。

「MC4100」にプリセットされているオペレーターサービス「モバイルキャストクラブコンシェルジュ」では、渋滞情報やロードサービス、エマージェンシー対応だけでなく、レストランなどの予約などドライブに必要な情報を提供する。

いっぽうすでに販売されているMPXシリーズは、Bluetooth(ブルートゥース)テクノロジーを採用した、超小型携帯情報端末。『i-Pod』などデジタルオーディオプレーヤーのHi-Fiオーディオと携帯電話のハンズフリー通信機能とをひとつの端末で利用できる。

洋服のどこにつけても見劣りしないファッショナブルなクリップタイプで、モバイル機器に大きな変化をもたらす可能性のある商品だ。

モバイルキャストは、MPXシリーズとMC4100シリーズとをシームレスにつなぐことで、テレマティクスをより身近なものにしていく。


ワイヤレスジャパン2005
●日時:7月13日(水)−15日(金)
午前10時−午後5時
●場所:東京ビッグサイト
東京臨海新都心
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集