【夏休み】三菱自動車、小学生を対象にした自動車相談室

自動車 社会 社会

三菱自動車は、7月18日から11月30日までの期間、小学生を対象に、同社および自動車産業全般に関する様々な問い合わせを、フリーダイヤルや手紙などで受け付けて回答する「2005年小学生自動車相談室」をお客様相談センター内に開設すると発表した。

同社は「小学生自動車相談室」を1993年から実施しており、今年で13年目となる。同相談室は子供達や先生には好評で、毎年小学生から研究成果の報告や礼状が数多く寄せられている。

質問・相談の内容は、自動車に関するものや、会社概要、環境問題、クルマの安全性やメカニズムなど多岐にわたる。

同相談室に加えて、同社では子供達とのコミュニケーションとして、子供向けホームページ「こどもクルマミュージアム」を同社のサイト上にオープンしているほか、同社の活動や自動車産業をわかりやすく解説した「こんにちは、三菱自動車です。」や、クルマづくりでの環境活動を紹介した「環境と自動車づくり」などのパンフレット類も作成している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集