【新聞ウォッチ】ロンドンでテロ、東京メトロなども厳重警戒

モータースポーツ/エンタメ 出版物

今日の朝刊から---気になるニュース、気になる自動車関連記事をピックアップ、その内幕を分析するマスコミクルージング(原則として朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版を対象にチェック)。

2005年7月8日付

●ロンドンで同時爆破テロ、サミット開幕に照準(読売・1面)

●「不正車検、ヤナセ主導」社長、事情聴取で認める(読売・37面)

●原油高、暮らしに波及 ガソリン10年来の高値(朝日・11面)

●ホンダ、日本プラストへ出資(朝日・13面)

●ロンドン同時テロ、東京メトロ 警戒強化 国交省(朝日・38面)

●ダイハツ、インドで小型車生産(毎日・10面)

●三菱ふそう、米社に「キャンター」供給(産経・11面)

●“みんなのマイカー”快走中 カーシェアリング拡大(産経・25面)

●「レクサス」は商機 日本自動車輸入車組合 新理事長(東京・8面)

●日産系部品、ルノー向け販売強化(日経・13面)

●日産中国合弁販売台数2.2倍、1−6月(日経・13面)

●日米合意10年、自動車摩擦を超えて(4)(日経・13面)

●団塊世代退職「企業に影響」49% 内閣府調査(日経・42面)


ひとくちコメント

サミット開催中の英国の首都、ロンドン中心部で同時テロが発生し、38人が死亡、700人以上が負傷した。きょうの全紙が1面トップ、社会面などで大きく報じている。

ブレア英首相はサミット開催中の英北部グレンイーグルズで緊急記者会見し、「サミット開幕にタイミングを合わせた同時爆破テロ」と断定。

同時テロのあったロンドンに事務所や現地法人を置く日本企業は、現地に滞在する駐在員やその家族の安否確認に追われた。ソニーは、社員全員の無事を確認したものの、外出を禁止。事務所での待機を命じるなど、日本企業などにも影響が出ているという。

また、国土交通省は国内の航空、鉄道、バスの全事業者に対し、テロ対策の徹底を指示。東京都心部で地下鉄を運行する東京メトロなども「不審物や不審者に警戒するように」と指示した。これ以上の惨事を引き起こさないための厳重な警戒が必要だ。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集