【モテるオヤジ】プジョーが盲点---輸入車ブランド

自動車 社会 社会

「モテるオヤジ」はどんなカーライフを送っているのか? どんなクルマに乗っているのか、ブランド指向を輸入車について尋ねる。調査対象は40−59歳の男性と、20−39歳の女性、計1000人。モテるオヤジとその相手の世代だ。

問い:40−50代のモテる男性が乗っているイメージのある輸入車ブランドはどれですか?

男性(40−59歳)
1:BMW 32.8%
2:メルセデスベンツ 18.2%
3:ジャガー 7.8%
4:ポルシェ 7.2%
5:アウディ 4.2%
6:フェラーリ 4.2%
7:アルファロメオ 3.6%

女性(20−39歳)
1:BMW  27.4%
2:メルセデスベンツ 15.4%
3:ジャガー 8.4%
4:ポルシェ 5.0%
5:プジョー 4.6%
6:フェラーリ 4.0%
7:アウディ 3.6%

男女ともベスト4までは同じランキング。それもあまり意外性のない結果だ。様子が変わるのはその後、女性の5位に来た、男性では1.2%しか支持されなかったプジョーだ。

その理由を、この調査を行なったガリバー自動車流通研究所は、プジョーに漂う“おフランス感”にあるとする。百歩譲って、世の女性達がプジョーをフランス車だと知らないとしても、プジョーという言葉の響きやあのエンブレムに非日常感を感じる、そうだ。

調査には「C-NEWS」(http://cnews.info-plant.com/)が協力した。調査期間は2005年5月20日−22日。調査対象は40−59歳の男性:500人と、20−39歳の有職の女性:500人、合計1000人のインターネットユーザー。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集