ハイブリッド車の企業への普及、9割が否定的

エコカー 燃費

NTTレゾナントと三菱総合研究所は、gooリサーチモニターに登録している企業団体などの調査向けパネルのビジネスモニターを対象に「企業・団体でのハイブリッド型自動車購入意向」に関する調査を実施してその結果を公表した。

回答については、1社1回答となるよう集計時に重複を排除し、有効回答は2255。

調査の結果、99.2%とほぼ全ての企業・団体がハイブリッド型自動車を認知していた。しかし、実際の利用は官公庁や自治体を中心に10.0%にとどまった。導入の理由は環境面への配慮が過半数を占める。

一方で、自社の導入台数を知らない人の割合は35.5%で、導入している企業・団体でも従業員の環境意識は低いままだ。

また、今後購入予定があると回答した企業・団体は10.0%弱で、「無い」または「未定」が9割を占めた。ハイブリッド市場が形成されるのに、まだ時間がかかると想定される。

今後の購入理由としては「環境面への配慮」と同様「燃料費の削減」を挙げる回答が6割以上に達した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集