マツダ、チーム・マイナス6%に参加

自動車 ビジネス 企業動向

マツダは、地球温暖化防止のためのアクションプラン「チーム・マイナス6%」に登録を申請したと発表した。
 
同社は、温暖化ガスの削減に長年にわたって取り組んでおり、本社オフィスを含む国内の全生産拠点で、2003年には1990年比で34%のCO2削減を実現している。環境への取り組みを一層強化するためにチーム・マイナス6%に登録するとともに具体的活動を強化する方針だ。

チーム・マイナス6%は、京都議定書による温室効果ガス6%削減という目標に向けた取り組みの一環で、温度調整や水道利用の方法、自動車の使い方などの視点で6つのアクションプランを掲げており、これらの趣旨に賛同した個人や企業が参加する。
 
同社は、この温暖化防止の6つのアクションプランにしたがって、冷房は28度に設定や夏季の軽装、昼休みの消灯などの徹底を含めて、オフィスでできること28項目と家庭でできること27項目、計55のアクションプランをまとめ、全従業員約2万5000人とその家族一人ひとりの実施を促していく。
 
全従業員とその家族向けにパンフレットを配布して具体的な行動例を示していく。また、チーム・マイナス6%のロゴマークを各事業所のオフィスや駐車場などで掲示し、広く理解と浸透を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集