日産 キューブ マイナーチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車
日産 キューブ マイナーチェンジ
  • 日産 キューブ マイナーチェンジ
  • 日産 キューブ マイナーチェンジ
  • 日産 キューブ マイナーチェンジ
  • 日産 キューブ マイナーチェンジ
  • 日産 キューブ マイナーチェンジ
24日、日産のコンパクトカー『キューブ』と『キューブキュービック』が登場以来初めてのマイナーチェンジを実施した。マイナーチェンジにともない、グレード体系の見直しも行った。

キューブではフロントグリルの穴を正方形から丸型に変更し、ヘッドライトやウインカーのデザインなども手が加えられた。丸型のパーツが増えたことで、よりファニーな雰囲気に磨きがかかっている。リヤコンビランプも、キューブとキューブキュービック共にクリアレンズが採用され、軽快な印象を強めている。

キューブキュービックもキューブ同様に、フロントグリルやフロントバンパーのデザインを変更。今回から初めて1.4リットルの「e-4WD」車も設定された。

インテリアではスポーティなホワイトメーターを採用し、シフトノブにメッキのリングが組み合わされるなど、質感の向上を図った。シートには、高級感のある撥水加工を施したシルキースエード表皮をオプション設定している。

また、シルキースエードを標準装備した特別仕様車、「15Mプレミアムインテリア」も設定した。

価格はキューブが134万1900円(2WD/14S)から163万5900円(e-4WD/14RS FOUR)、キューブキュービックが149万9400円(2WD/14S)から176万1900円(e-4WD/15RS FOUR)。キューブ15Mプレミアムインテリアは156万2400円。

販売目標台数はキューブが5000台/月、キューブキュービックが2600台/月となっている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集