ゴーン社長、IBMの取締役を退任

自動車 ビジネス 企業動向
日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEO(最高経営責任者)が、IBMの社外取締役を4月1日付けで退任していたことが明らかになった。

ゴーン社長は2004年3月から、米国IBM社の社外取締役を務めてきたが、1年で退任する。ゴーン日産社長は、5月からフランスのルノーの社長兼CEOを兼任する予定で、多忙となるため、ゴーン社長自らが辞任を申し出た模様だ。

ゴーン社長は5月以降、当面はルノーの経営の再構築に重点的に取り組んでいく方針で業務を絞り込む。今後、同じくゴーン社長が社外取締役を務めるソニーの去就も注目されそうだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【トップインタビュー】ひとりのリーダーから組織のマネジメントへ…志賀俊之・日産自動車次期COO 画像 【トップインタビュー】ひとりのリーダーから組織のマネジメントへ…志賀俊之・日産自動車次期COO
  • ソニー、経営体制一新…日産ゴーン社長の影響 画像 ソニー、経営体制一新…日産ゴーン社長の影響
  • 【トップインタビュー】二輪車は成長産業…梶川隆・ヤマハ発動機社長 画像 【トップインタビュー】二輪車は成長産業…梶川隆・ヤマハ発動機社長
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース