2004年の中古車登録、4年連続のマイナス…タマ不足で

自動車 ビジネス 企業動向
日本自動車販売協会連合会が発表した2004年の中古車登録台数は、前年比1.3%減の525万2046台で、4年連続のマイナスとなった。新車販売が低調で、良質なタマが不足したのが主因だ。

車種別では、乗用車が同0.9%減の450万9326台と微減だった。普通乗用車が同3.9%増の198万4562台と順調だったものの、小型乗用車が同4.4%減の252万4764台と低迷したため。

貨物車は同1.8%減の58万9238台とマイナスだった。普通トラックが同2.4%増の22万5715台とプラスだったものの、小型トラックが同4.2%減の36万3523台と不振だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 2004年新車登録台数、2年ぶりにマイナス 画像 2004年新車登録台数、2年ぶりにマイナス
  • 2004年車名別ランキング…連続でトヨタ カローラ 画像 2004年車名別ランキング…連続でトヨタ カローラ
  • 中古車登録11月、3カ月ぶりにプラス 画像 中古車登録11月、3カ月ぶりにプラス
  • トヨタの国内シェア、過去最高の43.9%…04年 画像 トヨタの国内シェア、過去最高の43.9%…04年
  • リセールバリューランキング…3年落ち中古車 画像 リセールバリューランキング…3年落ち中古車

特集