XMサテライトがポータブルに

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

XMサテライトラジオは26日、ウォークマンのように装着して持ち歩けるポータブル機器を発表した。今まで車内専用だったサテライトラジオを、今後は歩きながら、あるいは自宅でも聞くことができる。

『XM2GO』と名付けられた機器は、12月から349ドルで販売が始まる。フラッシュメモリーを使い最大5時間の番組録音も可能。機器の開発製造を行ったのはデルファイだ。

ライバルのシリウスには現在こうしたポータブル機器はないが、来年には同様のものを販売する予定だという。現在XMの加盟者が250万人であるのに対し、シリウスは80万人と差がついているが、発展途上のサテライトラジオだけに今後の趨勢はまだ不明。

現在XMを提供している自動車メーカーはGM、ホンダなどだが、シリウスはフォード、BMW、ダイムラークライスラー、VWなどと提携。しかしディーラーサイドではメーカーオプションにかかわらず、どちらでも顧客の要望によって装備できる準備を行っている。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集