ヤマハ社長、メーター1社発注は変えない…新潟中越地震

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマハ発動機の長谷川至社長は28日の中間決算発表の席上、新潟県中越地震の影響で2輪車が生産停止となったことに関連し、メーターの購入先である日本精機への集中発注は今後も変更しないとの考えを表明した。

長谷川社長は「部品調達は2社手配が原則だが、日本精機さんは(品質、価格など)立派な競争力をもった会社であり、今回のことで2社手配にするという考えはない」と述べた。

ヤマハ発は28日と11月1日に本社工場(静岡県磐田市)の操業を一時停止、約3700台の減産となる。長谷川社長は2日以降については、通常の生産に戻れるとの見通しを語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集