首都高の夜間割引社会実験を期間延長

自動車 テクノロジー ITS

2004年4月27日から開始していた首都高速夜間割引社会実験は、当初の予定では04年11月1日までだったが、05年3月31日まで延期することとなった。延期期間は約5カ月。

割引内容は、22:00−23:00と5:00−6:00が10%、23:00−5:00が東京線で20%、神奈川線で30%となっている(普通車の場合)。

今までの実験では、一般道から首都高への転換等で割引時間帯のETC利用が1日あたり約21%増加、一般道の騒音が最大3dBほど低減するなど、一般道の沿道環境改善や渋滞緩和に一定の効果があったことが分かっている。

さらに回数券制度の抜本的見直し、首都高ETC前払い割引制度(期間限定)の実施と、日本道路公団が行う朝夜間割引などETCに関する各種施策の実施により、ETC利用者の増加と利用形態の変化が見込まれる。

そこで、それらと夜間割引とを併せることでどれだけの効果があるかを把握するために、夜間割引社会実験の延長を行うことにした。
《編集部》

編集部おすすめのニュース