【三菱コルトプラス発表】スクランブル部隊を編成

自動車 ニューモデル 新型車

【三菱コルトプラス発表】スクランブル部隊を編成
  • 【三菱コルトプラス発表】スクランブル部隊を編成
  • 【三菱コルトプラス発表】スクランブル部隊を編成
  • 【三菱コルトプラス発表】スクランブル部隊を編成
  • 【三菱コルトプラス発表】スクランブル部隊を編成
25日、三菱『コルトプラス』の報道説明会(事実上の発表会)では、品質統轄本部の橋本光夫本部長が、新型車の品質管理について説明すべく壇上に立った。『コルト』と比べて品質チェックは125項目が増えたという。

車両の耐久試験は200万kmを走行、エンジン単体の耐久試験は2万5000時間を運転した。

また発売後3カ月間は特別品質保証体制を敷き、販売後に問題が発生した場合、現地に出向いて検証する“スクランブル部隊”をすでに編成した。

橋本本部長は「コンプライアンス第一、安全第一、お客様第一で取り組みたい」と語った。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集