【パリモーターショー04】フランス人の、フランス人のためのショー

自動車 ニューモデル モーターショー

【パリモーターショー04】フランス人の、フランス人のためのショー
  • 【パリモーターショー04】フランス人の、フランス人のためのショー
  • 【パリモーターショー04】フランス人の、フランス人のためのショー
  • 【パリモーターショー04】フランス人の、フランス人のためのショー
  • 【パリモーターショー04】フランス人の、フランス人のためのショー
  • 【パリモーターショー04】フランス人の、フランス人のためのショー
ヨーロッパでは毎年多くのモーターショーが開催されているが、そのなかでパリサロンは、主催者の発表によれば最も来場者の多いイベントなのだという。

会場は8つのホールに分散しており、そのなかで正面ゲートをくぐってすぐにある、最も大きなホール1にフランス勢が当然のように入っている。

もちろんプジョー・シトロエンとルノーはホール中央部の好立地を占め、その周囲にBMW、フィアットグループ、フォードグループ、GMグループ、ダイムラークライスラーグループなどが配置されている。アメリカのビッグスリーがここにあるのは、それぞれヨーロッパの有名ブランドを抱えているからだろう。

このアライアンスの恩恵を受けて、日本のブランドではマツダと日産がホール1に配置された。VWグループはこのホールには入りきらずホール4に配置され、VWグループ各社とレクサス、ダイハツを含むトヨタグループでホール4のほとんどを占める。

乗用車メーカーはホール1と3、4に配置されている。他のホールは、ホール2がチューニングカーと部品メーカー、ホール5が軽商用車、ホール7はモータースポーツ関連で、メーカーのモータースポーツディビジョンもこのホール。

ホール8は主催者による企画展示で、今回のテーマは「バンド・デ・シネのクルマ」。ちなみにホール6は……駐車場になっている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集