【キャデラック STS発表】セビル後継だが、大きく変わった

自動車 ニューモデル 新型車

【キャデラック STS発表】セビル後継だが、大きく変わった
  • 【キャデラック STS発表】セビル後継だが、大きく変わった
  • 【キャデラック STS発表】セビル後継だが、大きく変わった
  • 【キャデラック STS発表】セビル後継だが、大きく変わった
  • 【キャデラック STS発表】セビル後継だが、大きく変わった
12日に発表されたキャデラック『STS』は、従来のGMギャデラックの高級パーソナルセダン、『セビル』の後継モデルという位置づけだが、モデルの性格は大幅に変わっている。

シャーシに同社の新RWD(後輪駆動)プラットフォーム「シグマアーキテクチャ」を用い、「操縦性と乗り心地を高いレベルで両立させた」(中村哲也・日本GMマーケティング本部長)という。

シグマアーキテクチャは、GMがキャデラックをはじめ、ラインナップする高級車の技術を更新する目的で開発した新シャーシで、きわめて軽量なのが特徴。すでにコンパクトキャデラックの『CTS』、SUVの『SRX』などに採用されてきた。

STSはシグマアーキテクチャシリーズで最も大きなモデルとなるほか、シリーズ初のAWD(4輪駆動)もラインナップされた。

スリーサイズは全長4995mm×全幅1845mm×全高1455mmと、米国のラージクラスに相当するが、車両重量は1790kg(3.6リットルRWD)−1910kg(4.6リットルAWD)と、RWDベースのLクラスとしては軽量にまとめられている。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集