スバル富士重、ICタグによる蔵書管理システムを開発

自動車 ニューモデル 新型車

富士重工業(スバル)は、非接触タグによる蔵書管理を行う図書館向けシステムのスバル・ライブラリー・サポート・システムを宇都宮市立図書館、宇都宮市立東図書館に納入したと発表した。

システムはICタグを利用した蔵書盗難防止システム。バーコードを使用する既存のシステムと連携しており、図書の貸し出し・返却処理は従来通りバーコードで行いながら、そのデータを基に図書に貼付されたICタグの通信機能で、ゲートへの貸し出し手続きを行う。正規の貸し出し処理を行わずに図書を館外に持ち出そうとした場合、警報が鳴る仕組みだ。

このシステムはバーコードが貼付された図書とICタグが貼付された図書が混在しても1つのシステムで管理できるのが特徴だ。加えて、将来は図書の棚卸・整理への活用、無人貸し出し・返却などの機能の拡張も可能としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集