9月新車販売…2カ月ぶりにマイナス

自動車 ビジネス 企業動向

9月新車販売…2カ月ぶりにマイナス
  • 9月新車販売…2カ月ぶりにマイナス
日本自動車販売協会連合会が発表した9月の新車販売台数(軽除く)は、前年同月比3.1%減の39万2114台で、2カ月ぶりにマイナスとなった。トラックの販売が大幅に落ち込んだのが主因だ。

車種別では、乗用車は同1.8%増の33万1593台と堅調だった。このうち、普通車は同3.1%増の13万2416台で、小型乗用車が同1.0%増の19万9177台だった。

トラックは同21.9%減の5万9413台と大幅に落ち込んだ。普通トラックが同30.1%減の2万3053台と大幅に落ち込んだほか、小型トラックも同15.7%減の3万6360台と低迷した。

メーカー別では、プラスとなったのはトヨタ、ホンダ、マツダ、スズキの4社。トヨタは『パッソ』などの新型車が好調で、ホンダは『フィット』『エディックス』、マツダは『ベリーサ』が上乗せとなり、プラスとなった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集