04年上期新車販売、2年ぶりにマイナス

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車販売協会連合会が発表した上期(4−9月)の新車販売台数(軽除く)は、前年同期比4.0%減の182万6082台で、2年ぶりにマイナスとなった。

車種別では、乗用車が同2.2%減の156万330台でマイナスとなった。普通乗用車は同9.3%増の63万1894台と好調だったものの、小型乗用車が同8.7%減の92万8436台と落ち込んだ。

トラックは同13.1%減の25万7569台と2ケタのマイナスとなった。昨年のディーゼル排ガス規制のよる特需の反動が出た。普通トラックが同18.4%減の8万7619台、小型トラックが同10.1%減の16万9950台だった。

バスも同22.3%減の8183台と落ち込んだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集