カヤバ工業、チェコに進出

自動車 ビジネス 企業動向
カヤバ工業は、22日開催の取締役会で、チェコに自動車用油圧緩衝器を生産・販売する現地法人ケイワイビイ・マニュファクチャリング・チェコ・エスアールオー(KMCZ)を三菱商事と合弁で設立することを決めた。
 
同社は、自動車用油圧緩衝器事業の世界4極体制の構築を進めてきた。さらに、欧州市場で今後一層の市場拡大が見込めると判断、今年3月にはスペインを完全子会社化したのに続き、チェコにも進出する。
 
新工場は2006年4月の操業開始を目指す。合弁会社の資本金は約22億円で、カヤバが80%、三菱商事が20%出資する。従業員は210人を計画している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 豊田紡織、アラコ、タカニチが広州に進出 画像 豊田紡織、アラコ、タカニチが広州に進出
  • 奥田トヨタ会長、「ロシア工場」へ意欲 画像 奥田トヨタ会長、「ロシア工場」へ意欲
  • 欧州部品メーカーのフォルシアが日本に進出 画像 欧州部品メーカーのフォルシアが日本に進出
  • 小糸製作所、中国南部に工場建設準備 画像 小糸製作所、中国南部に工場建設準備
  • トヨタの大規模中古車センターが東京に進出 画像 トヨタの大規模中古車センターが東京に進出

特集