東洋ゴム、中国・広州市に自動車部品の生産拠点

自動車 ビジネス 企業動向
東洋ゴム工業は7日、中国・広州市に自動車用防振ゴムを製造する新会社を設立したと発表した。日系自動車メーカーの現地生産拠点向けに2005年9月から生産を開始する。

新会社「東洋橡塑(広州)有限公司」は、資本金1100万ドルを東洋ゴムが全額出資する。同社が自動車部品事業で中国に生産拠点を設けるのは初めて。

広州ではホンダに続いて、トヨタ自動車も広州汽車との合弁で「広州トヨタ自動車」を設立したと発表。2006年から『カムリ』を年間10万台規模で生産する計画となっている。

東洋ゴムは、広州での日系メーカーの生産拡大に合わせ現地工場を稼動しグローバルな事業展開を加速していく。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、中国・広州との合弁設立 画像 トヨタ、中国・広州との合弁設立
  • 小糸製作所、中国南部に工場建設準備 画像 小糸製作所、中国南部に工場建設準備
  • 【北京モーターショー04】ホンダの認知度は充分 画像 【北京モーターショー04】ホンダの認知度は充分
  • 【特集】トヨタ『IMV』…アジアに地殻変動を起こす 画像 【特集】トヨタ『IMV』…アジアに地殻変動を起こす
  • 上原多香子に「きくー!」といわせた… 画像 上原多香子に「きくー!」といわせた…
  • ミシュラン、タイヤバースト原因を発表…ベルギーGP 画像 ミシュラン、タイヤバースト原因を発表…ベルギーGP

特集