アルファロメオGTVとスパイダーに、2.0リットルエンジン

自動車 ニューモデル 新型車

フィアット・オート・ジャパンは、アルファロメオの2ドアスポーツクーペ、『GTV』に「2.0ツインスパーク」と、オープンスポーツの『スパイダー』に「2.0ツインスパーク」、「3.2V6・24V」左ハンドル仕様を設定、7月10日から発売すると発表した。

新型車のうち、総排気量1969ccのエンジン搭載モデルは、フレキシブルでスムーズ、軽快な回転の直列4気筒ツインスパークエンジンを搭載するとともに、アルファ独特のスポーティなドライビングを楽しめる5速マニュアルトランスミッションを搭載した。

また、3.2リッターエンジン車は、すでに販売している右ハンドル仕様と主要諸元、装備品とも同様。

価格はGTV2.0ツインスパークが396万9000円、スパイダー2.0ツインスパークが407万4000円と、3.2リットルモデルと比べて85−95万円安く抑えた。スパイダー3.2は492万4500円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集