【インプレ'04】森慶太 シトロエン『クサラ ピカソ』 人に心地いいアナログ的な感触

試乗記 国産車
【インプレ'04】森慶太  シトロエン『クサラ ピカソ』 人に心地いいアナログ的な感触
  • 【インプレ'04】森慶太  シトロエン『クサラ ピカソ』 人に心地いいアナログ的な感触
乗ると思わずウットリしちゃう世界、あります。「これぞシトロエン!(あるいはPSA!)」と叫びたくなる秀逸な乗り心地。そしてシートの掛け心地(少なくとも1列目は)。ミニバン族なのにコワくない(どころかかなり楽しい)走り。

本国ではとっくの昔に出たモデルで、そのぶん正直にアジ濃厚。1300kg台とこのクラスとしては軽めの重量も、やはり設計年次の古さゆえの美点。日本人ウケのしにくそうなATは、しかし走りやすさバツグン。

日本人の大キラいな変速ショックも、なぜかプジョーのより確実に小さい。難点はハナ先の車両感覚のわかりにくさ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


森 慶太|モータージャーナリスト
絶対的な速さやブランドや国籍はどーでもE。それと、スポーツカーとかミニバンとかのジャンル分けや下取りの有利不利も。よしあしの判断基準は「クルマとしてマト モか、マトモでないか」のただそれいっこ。ヨロシクね。
《森慶太》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

おすすめのニュース