【インプレ'04】両角岳彦 シトロエン『C2』 欧州コンパクトカーのベンチマーク的存在

試乗記 国産車

【インプレ'04】両角岳彦 シトロエン『C2』 欧州コンパクトカーのベンチマーク的存在
  • 【インプレ'04】両角岳彦 シトロエン『C2』 欧州コンパクトカーのベンチマーク的存在
『プジョー106』後継車と共用の主骨格と空間設計は、最新コンパクトカーとしての論理性が高く、現物からもそれが明快に伝わる。

リアハッチ開口部下端が高いのは車体剛性に効く。シートも日本車と違って手抜きはない。

試乗できたのは『1.6VTR』のみ。悪くはないが足の仕立てはかなり硬い。その中にしなやかさはあり、コーナーでの身のこなしは軽快。電動PSはほぼOKだが、高速域でアシストのタイミングずれによる剛性感低下が気になる。

エンジンは全域トルク、回り方とも世界最良レベル。自動化MTもまずまず。欧州での本命は1.4リッターモデルか?

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。
《》

特集