【インプレ'04】ピーターライオン 三菱『ランエボMR』 乗り味二刀流で洗練された

試乗記 国産車

【インプレ'04】ピーターライオン 三菱『ランエボMR』 乗り味二刀流で洗練された
  • 【インプレ'04】ピーターライオン 三菱『ランエボMR』 乗り味二刀流で洗練された
三菱、よくやった!何で今までビルシュタインのダンパーを採用しなかったのか? 高速コーナーでサスが一度だけリバウンドしてそのまま収まるという姿勢は、今までとエラく違う。

ガンダムを思わせる外観のデザインはともかくとして、2リッター・ターボとAYC&ACDなどの基本ハードウェアは文句ない。

でもサスは、目ん玉がこぼれ落ちてしまうほど硬かった。このMRならサーキットで今までと同様に充分楽しめて、しかも通勤車としても乗れる。それこそ大きな進歩だな。

もうひとつ嬉しいところは、高速域でのトルクが太くなったところ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆ 
インテリア/居住性:★★☆☆☆ 
パワー&フットワーク:★★★★☆ 
装備内容:★★★☆☆ 
オススメ度:★★★☆☆ 


ピーター ライオン| モータージャーナリスト
60年オーストラリア生まれ。現在、欧米、日本の有力誌16誌に執筆し、合計部数は450万部と日本一。日本語の原稿を自分で書く唯一の外人モータージャーナリスト。COTY選考委員。愛車はレガシィB4。
《ピーター・ライオン Peter Lyon》

特集